歯周病の進行を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

歯みがきイラスト歯周病の原因はプラーク中の細菌です。プラークを確実に取り除くことが最も大切なのです。その方法として正しいブラッシングをすること。では、“私はきちんと毎日ブラッシングをしているのに・・・なぜ?”と思われる方が多いと思います。それに、成人の80%が歯周病ということですが、その方々全員がブラッシングをしていないとは考えられません。それではほとんどの方がブラッシングをしているのになぜ歯周病にかかってしまうのでしょうか。その最大の理由は、きちんと磨いているつもりでもきちんと磨けていないのが実状だからです。
「磨いている」と「磨けている」とは全く別のことになります。「磨いていても磨けていなければ意味がない」ということです。

<きちんと磨けていますか?>

ご自分に合った歯ブラシをお使いですか?
歯ブラシの持ち方は正しいですか?
正しい位置に歯ブラシが当たっているでしょうか?
磨く順序は?

お口の中は人それぞれ違います。ブラッシングの方法も違って当然なのです。ですから、歯周病予防には歯科医師と相談しながらご自分に合ったブラッシングの方法を見つけ出し、それを続けていくことが大切です。そうすれば、自然にきちんと磨けることにつながり、歯周病を防ぐことが出来るのです。